ひやおろしと秋の限定酒

「ひやおろし」とは、江戸の昔、冬にしぼられた新酒が劣化しないよう春先に火入れ(加熱殺菌)した上で大桶に貯蔵し、ひと夏を超して外気と貯蔵庫の中の温度が同じくらいになった頃、2度目の加熱殺菌をしない「冷や」のまま、大桶から樽に「卸(おろ)して」出荷したことからこう呼ばれ、秋の酒として珍重されてきました。

 

暑い夏の間をひんやりとした蔵で眠ってすごして熟成を深め、秋の到来とともに目覚める「ひやおろし」。豊穣の秋にふさわしい、穏やかで落ち着いた香り、滑らかな口あたり、まろやかな旨味、とろりとした適熟の味わいが魅力のお酒です。

 

商品検索

地酒専門・試飲販売

酒商 吟SHIZUKU

〒650-0004

兵庫県神戸市中央区中山手通1-12-4

営業時間

11:00~21:00

定休日

水曜日

お問い合わせ

TEL: 078-335-2070

FAX: 078-325-5520

いんすたぐらむはじめました

夏の限定酒

秋の限定酒

神戸のクラフトビール

業務用お取引はこちら